【大人気】脂肪オイル(有機ココナッツMCTオイル 280g)エネルギー最高です!
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【大人気】脂肪オイル(有機ココナッツMCTオイル 280g)エネルギー最高です!

¥2,592 税込

送料についてはこちら

MCTオイルは他にも試しましたが、美味しくない・・生きていない・・エネルギーがない・・・><!ということで、これ以上の素晴らしいMCTオイルを知りません。 一時期リニューアルで販売停止となり手に入りませんでした。 そしてこの度リニューアルして届いて手にしたらさらにいいオーラをまとい、ウキウキしてしまうほどのいいエネルギーに感激です^^ 安かろうがではありません、やっぱりエネルギーのいいものを体に入れること、これが全てですのでココウェルさんのMCTオイルを愛飲しています。 きな粉豆乳に小さじ1杯入れてシェイクするとほのかにココナッツの香りで虜になります^^(ちなみに私はココナッツ好きではなくどちらかというと苦手なタイプですがココウェルさんのは平気) 勉強前や仕事の休憩にもオイルだけをティースプーンに入れて舐めても集中力が高まるのでお気に入りです^^認知症予防にもココナッツオイルが有効。 1.消化・吸収が早い 脂肪酸は文字通り鎖のようにつながっていて、有機ココナッツMCTオイルの主成分であるカプリル酸(中鎖脂肪酸)はオレイン酸、リノール酸(長鎖脂肪酸)の半分の長さです。 鎖が短い分、分解スピードも早くなるので「消化・吸収が早くエネルギーになりやすい」のです。 2.体脂肪になりにくい 長鎖脂肪酸は小腸からリンパ管・静脈を通って全身の脂肪組織、筋肉を通ります。最終的に肝臓に運ばれ、必要に応じてエネルギーとして使われます。 余った分は『蓄積貯蔵』として、一時保管されます。この貯蔵がたまり続けると「体脂肪」に変わってしまいます。 一方、MCTは小腸から「門脈」と呼ばれる経路を通って直接肝臓に運ばれ、エネルギーとして使われます。 燃焼の際に『蓄積貯蔵』にたまっている体脂肪も一緒に引っ張り出します。 3.「ケトン体」を作り出す MCTはブドウ糖に代わるエネルギー源「ケトン体」を生成します。 ブドウ糖は脳や体を動かすもととなりますが、摂りすぎると糖尿病や肥満など、様々な生活習慣病の原因となります。 糖質を抑えMCTを有効に摂取することで「ケトン体回路」が働き、ケトン体を主なエネルギー源とすることで太りにくくなるだけではなく集中力が高まったり、アルツハイマーやうつ病の改善にも効果があると言われています。 糖質制限では「糖質を控える」ことだけに目が向きがちですが、脳にエネルギーをしっかり届けるためにはMCTの摂取は必須です。 <ココナッツオイルを使い続けるメリット> 身体に良いと聞いて使い始めたココナッツオイル。 だけど、しばらくすると「何がいいんだったっけ?」となっていませんか。 ココナッツオイルを使い続けるメリットはたくさんあります。 ★★★おすすめ理由①★★★ ・圧倒的に酸化に強い →ココナッツオイルは植物油では珍しく90%以上が「飽和脂肪酸」で構成されています。そのため圧倒的に酸化しにくい油となります。 酸化した油は、お料理の風味を損なうだけではなく、過酸化脂質という毒性の強い物質に変化しているため、大量に摂取すると下痢や吐き気、胸やけなどの症状が出ます。 また、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも高くなると言われています。 ★★★おすすめ理由②★★★ ・エネルギーになりやすい →ココナッツオイルの主成分は「中鎖脂肪酸(MCT)」です。 中鎖脂肪酸(MCT)は消化・吸収される際に消化酵素の助けを必要とせず、「門脈」を通って直接肝臓に運ばれます。 そのため即座にエネルギーとなり、また一般的な植物油の長鎖脂肪酸より中性脂肪になりにくい特徴があります。 ★★★おすすめ理由③★★★ ・ケトン体を作り出す →ココナッツオイルを日常的に摂取することで、極端な糖質制限をしなくてもケトン体を生み出しやすくなります。 ケトン体はブドウ糖に代わる第二のエネルギー源として脳のエネルギー源になることがわかってきました。 このため、認知症型アルツハイマー病の予防・改善にも積極的に使われ始めています。 また、ケトン体には長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」のスイッチをONにする役割があることもわかってきました。 サーチュイン遺伝子が働くことで、オートファジーが活性化します。オートファジーが活性化すると、細胞や組織、期間の機能が活性化し、病気になりにくく若々しい体になります。 また、さらにミトコンドリアが増えることもわかってきました。ミトコンドリアが増えるとエネルギーの生産量が増えます。そうなることで疲れにくく、太りにくい体になるとも言われています。 ”非加熱”自然製法で抽出 MCT成分100%にするには化学的に抽出するのが一般的ですが、「安心・安全な製品をお届けしたい」と考えるココウェルでは、”非加熱”自然製法を採用しています。 原材料の有機バージンココナッツオイルをタンクに入れ、ゆっくりと温度を下げて固まりやすい脂肪酸を取り除く。 この工程を何度も繰り返し、固まりにくい脂肪酸を残すという方法です。 そのため、この商品はMCT含有率が95%となっています。このわずか5%の差が、ココウェルのこだわりを表しています。 ・ラウリン酸も含んでいます この製法だからこそ、ココナッツオイルの代表的な中鎖脂肪酸であるラウリン酸も13%含みます。 母乳にも含まれる成分で、体内で分解されると「モノラウリン」に変換され、抗菌・抗炎症作用があります。 ココナッツの栽培からオイルの充填まで一貫して有機認証を取得した農園・工場で生産しています。 ココナッツは塩分土壌を好み、土中のミネラル分を栄養源として生長します。土壌の塩分が足りないときは、肥料として塩をまきます。化学肥料や農薬は使う必要がありません。 まずは小さじ1からはじめてみましょう。 いつものお食事にちょっとオイルをプラス。冷たいものと混ぜても固まりにくいので、ヨーグルトやスムージー、コーヒーなどに。 また、お味噌汁や納豆、ドレッシングなどに少し混ぜると、普段のお食事に摂り入れやすくなります。 慣れてきたら1日大さじ1~2を目安に、何回かに分けて摂るのがおすすめです。 ●おすすめポイント● 1.中鎖脂肪酸が95% ココナッツオイルご愛用者のみなさまにはおなじみ、糖質に代わるエネルギー源「ケトン体」に変換される中鎖脂肪酸が、なんと95%! より効率よく、しっかりとケトン体を作り出すことができます。 2.エネルギーを手軽にチャージ 食欲が落ちてしまっても、MCTオイルを飲み物に混ぜたり、そのまま摂ることで素早くエネルギーに変わります。 糖質(6kcal)よりも脂質(9kcal)の方がエネルギーの持続力が長いため、しっかりと体を動かすことができるのです。 3.消化にかかる体への負担が少ない 夏バテしないようにしっかりと肉を食べる!という方もおられるかもしれません。でも、食べた後胃もたれが・・・という経験はありませんか? 食べたものを消化するのにもエネルギーを消費するので、消化に重いものを食べてしまうと疲労回復に使うはずのエネルギーまで消化に回ってしまいます。 MCT(中鎖脂肪酸)は他の油脂に比べて消化吸収スピードが4倍、代謝スピードが10倍はやいので、消化にかかるエネルギーが少なくてすみます。 ●目指せ!ケトン体質● 人のエネルギー利用の順番は「糖質→脂質→たんぱく質」なので、これまでは『ケトン体質になるならがっつり糖質制限が必要!』と思われていました。 しかし、近年の研究の結果、「日常的にMCT(中鎖脂肪酸)を摂取することで、過度な糖質制限をしなくてもケトン体質に変わっていける」ということがわかったのです。 糖質を少なめにし、かつお食事の最後に食べることで先に摂った脂質がエネルギー源に変わり、血糖値の急上昇をしにくくするという働きがあります。 また、ケトン体は【長生き遺伝子】と言われるサーチュイン遺伝子を目覚めさせることもわかりました。 本来は16時間以上の空腹時間がないと活動しないと言われているのですが、ケトン体があればスイッチが入りやすいのです。 サーチュイン遺伝子が目覚めることで・・・ 1.古い細胞を食べる!活性酸素を取り除く!「オートファジー」が活性化 「オートファジー」とは、人の細胞内の浄化・リサイクルシステムです。細胞内に侵入した病原性細菌などを分解して浄化することで、さまざまな病気から生体を守る働きもあります。 2.アンチエイジングの大きな味方♪「ミトコンドリア」を増やす ミトコンドリアは細胞に必要なエネルギーの大半を作り出すもので、「体内エネルギーの製造工場」と呼ばれています。 これが増えると疲れにくく、太りにくい体質に変わっていくのです。 開封後は3か月を目安にお使い切りください。 280g(300ml) 直射日光を避け、常温で保存。 14gあたり エネルギー(126kcal)、 たんぱく質(0g)、 脂質(14g)、 トランス脂肪酸(0g)、 コレステロール(0g)、 炭水化物(0g)、 食塩相当量(0g)、 中鎖脂肪酸(13.3g)